レス・ポールが使えなくなる?憧れのギブソンに倒産の可能性が浮上。

スポンサーリンク




驚きました。そんなにやばいんですね。

いつも「a-composer」をお読みいただきありがとうございます。banba(@banba929)です。

ギターといえばフェンダーとギブソン!」という方も多いのではないでしょうか。

僕はかなりそんなイメージを持っていて、所持していたギターはストラトキャスターとレス・ポールタイプのギターでした。

本当は純粋なギブソンが買いたかったのですが、学生でお金もなく、バッカスのレス・ポールタイプを選んだのを覚えています。

昨日の帰り道、いつものようにニュースサイトを見ていると驚きのニュースが飛び込んできました。

ギブソン、倒産する可能性があることが報じられる。

えっ、ギブソンってギターのだよね。そんなわけ…と思いつつ見てみると

有名ギター・メーカーのギブソンが倒産する可能性があると報じられている。

レス・ポールやSGといった有名ギターを製造しているギブソンはジミー・ペイジやスラッシュ、カルロス・サンタナなど、数々のギタリストに愛されているメーカーとなっている。ギブソンは100年以上前の1902年の創業となっている。

しかし、そのギブソンについて『ナッシュヴィル・ポスト』は次のように報じている。「年間10億ドル(約1060億円)以上の収入のある、ナッシュヴィル拠点のこの楽器メーカーが直面している状況は正常とはかけ離れています。CFOのビル・ローレンスは1年を経たずして会社を離れており、6ヶ月後には3億7500万ドル(約400億円)の担保付き上位債が支払期日を迎えます。それに加え、2013年に借りたこの債権が7月23日までに解消されない場合、さらに1億4500万ドル(約155億円)の銀行ローンも支払期日を迎えるのです」

報道を受けて、ギブソンのCEOであるヘンリー・ジャスキヴィッツは『ナッシュヴィル・ビジネス・ジャーナル』に自身の計画を次のように述べている。「株や不動産といった資産、期待するほどの成功を収めていない事業を我々はマネタイズしてきています。これらの資産のマネタイズによって我々は負債を減らし、活況な事業に充てるための資金を生み出すことができます。我々の事業にとって重要なのは財政的な成功に舞い戻ることです。我々の資金繰りにおいて最高の条件を達成しなければなりません」

ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュは昨年、ギブソンの初代グローバル・ブランド・アンバサダーに就任することが決定している。

スラッシュは今後エピフォンやギブソン、ギブソン・カスタムといったブランドで新シリーズを開発していくことになるという。

–NMEJAPAN「ギブソン、倒産する可能性があることが報じられる。」より引用–

まじじゃん。初めてギターに触れてから約6年、ギターという楽器を知ってからずっと憧れのメーカーでした。

僕が尊敬しているアーティスト「RADWIMPS」のギタリスト桑原さんがゴールドトップのレス・ポールを使用しているのを見てから「いつかは持ちたいなあ」なんてずっと考えていました。

まだ決まったわけではなさそうですが、かなり条件は厳しそう。

もう新品のギブソンは持てなくなってしまうのでしょうか。厳密には「レス・ポール」と呼べるのはギブソン社の物だけ、だった気がします。純正のレス・ポールが持てなくなってしまうのは寂しいですね。

噂ではどこかが買収するのでは、なんて言われてますがどうなるんでしょう…今後の展開に目を向けたいです。

まとめ

まさかギブソンがそんなに借金を抱えているとは思いもしませんでした。このニュースは音楽を少しでもかじっている人ならみんなショックだと思います。

最近は自動チューニング機能を搭載したりする、素材をかなり従来のものと変えたりと思考錯誤してましたね。爆発的な売り上げを期待してのことだったのでしょうか。

「ロックは死んだ」よく言われている言葉ですが、少しずつ移り変わっているのかもしれません。最近はダンスミュージックの要素を取り入れた曲が多くなってきていますしね。

みんなの憧れのメーカーなので、なんとか残って欲しい気持ちがあります。「最高の条件」をなんとか達成してもらいたいです。

あまり悲観的にならず、続報を待ちます。(2018/05/02に続報がきました)

<2018/05/02追記>ギブソン、破産を申請

破産を申請したことがニュースになっていました。

ギター・メーカーのギブソンが破産を申請したことが明らかになっている。

レス・ポールやSGといった有名ギターを製造しているギブソンはジミー・ペイジやスラッシュ、カルロス・サンタナなど、数々のギタリストに愛されているメーカーとなっている。ギブソンは100年以上前の1902年の創業となっている。

債権者の3分の2以上と再建支援で合意しているのことで、「ここ12ヶ月にわたって事業再編についてかなりの進歩をしてきました」と36%の株式を持つCEOであるヘンリー・ジャスキヴィッツは語っている。

ギブソンについては1億〜5億ドルの負債があるとのことで、債権者の69%から今後の経営についての信任を得ているという。

MME JAPAN「ギブソン、破産を申請したことが明らかに」より引用

残念です。もうギブソンは使えなくなるんですかね。

引用元にさせていただいた記事に「スラッシュは今後エピフォンやギブソン、ギブソン・カスタムといったブランドで新シリーズを開発していくことになるという。」という記載があったので一応ギブソン名義のギターは販売されるという認識で問題ないのでしょうか。

うーん。

スポンサーリンク