大人になって思ったけど黒歴史って大事じゃないですかね。

スポンサーリンク




と、ふと思いました。

いつも「a composer」をお読みいただきありがとうございます。banba(@banba929)です。

唐突ですが、あなたには黒歴史ってありますか?

黒歴史(くろれきし)とは、アニメ作品『∀ガンダム』に登場した用語。 物語中では、太古に封印された宇宙戦争の歴史のことを指す。 転じて、無かったことにしたい、あるいは無かったことにされている過去の事象を指すインターネット用語として用いられることもある。

Wikipediaより引用

思い返すと恥ずかしくて忘れたくなるような、過去の事象の事を僕はそう呼んでいます。ガンダムが元ネタだったとは。

黒歴史を思い出して笑えるようになりました

最近の大きな変化かなと思います。

昔はかなり掘り返されるのが嫌いでした。恥ずかしくなってしまうんですよね。

ちなみに僕には黒歴史がたくさんあります。部屋を掃除した際に大昔に描いた漫画が見つかったり、パソコンを漁っていると昔作ったお経のような曲が見つかったり。

一時期、「ヤンキーがかっこいいんじゃないか、ちょっと悪い男の方がモテるんじゃないか」なんて勘違いしていた時期もあったと記憶しています。

「20年以上生きていると流石に迷走するし思考も変わるよなー…」なんて思い返して1人で笑っていました。

部屋を掃除して出てきたものやその頃好きだった音楽を見つけるたび、昔はかっこいいと思えたものがそう思えなくなっていると感じました。

周りに影響されて好きになってしまうことも昔より減り、自分の好みというのがわかるようになってきた気がします。いいことですよね。

全部が全部というわけではありませんが、好みは日々過ごしていく中で洗練されていくものなのだな、となにかを発見したような気持ちです。

いろんなものに触れ、自分の嗜好を探る

見出しのタイトルが恥ずかしくてこれがすでに黒歴史になりそうな勢いです。

「黒歴史、ありますか?」なんて聞いたことはないですが、誰にでもあるものなのではないかなと思っています。

とくに、中高生などの時期。ちょうど自我が目覚め始める時期が多いんじゃないかな?と持論を持っています。

学生の間って周りの影響が色濃く出る時期だと思うんですよね。自分のアイデンティティを求める時期。

友人などのコミュニティがあり、そこでの影響も強く出ると思います。

そういったものに触れ、しばらく経ってまだ好きなのか。居心地は良いのか。

そんなことを考えながら、自分の嗜好というのを模索していく。それがなんだかすごく楽しく思えてきています。

今の僕はシンプルでミニマルなものが好きです。音楽や小説、漫画などの創作が好きです。作るのも触れるのも好きです。

この記事を書いた数年後、同じ嗜好を突き詰めているのか。それとも全然違う方向性に生きているのか、すごく楽しみです。

黒歴史を作っていく

今、過ごしている時間を未来の僕がどう捉えるのかわかりませんが、できることなら黒歴史になりかねないほどに記憶に残る行動を行なっていきたいと考えています。

主に今は創作の活動ですね。

数年後見たら吹き出してしまいそうな稚拙なものでも、今はそれをしっかり作っていきたいです。

昔を笑えるってことはもう少しマシなものが作れるようになっているってことになりますしね。

最近「仕事は楽しいかね?」という本を読み、その本に述べられていた内容なのですが

革新は秩序だった仕事じゃない、遊び感覚でいろいろやって、試行錯誤を繰り返すことだ。

という文章がやけに心に残っています。

もっと遊んでいこう。遊びなんだし、恥ずかしい結末になっても面白いんじゃないかな。

そんな事を思いながら最近は過ごしています。歳なんですかね。

今はとりあえず漫画を描こうと思っています。絵の練習始めたのも最近なんですが、集英社に持ち込みとかしたら面白いかなと思いまして。完成させれたらいいなあ。

編集さんに突き返されたらブログにアップしますね。どっちにしても楽しみ。

まとめ

思い返せば恥ずかしくなるような記憶も多いですが、人に笑い話にできるようになってきました。

人に話したことありますか?結構盛り上がりますよ、あれ。

「昔学校からの帰り道、好きな女の子の家の前だけやけに歩くの遅くしててさー」みたいな。

案外、「え?俺もなんだけど」的な展開になったりします。真面目な顔してるやつほど面白いの背負ってたりしますよ。おすすめ。

黒歴史の種類にもよるかとは思うのですが、しばらく経って誰かに話せるようなものがたくさんできるといいなと思います。

面白いことをどんどんしていく、面白い人間になりたいものです。

当面の目標は創作系ですかねー。ちゃんとしたクオリティのものをしっかり作っていきます。

それでは、「黒歴史作ります」宣言を消すことの難しいインターネットの世界に放流して終わります。

あぁ、やべぇ。

スポンサーリンク