ワイヤレスイヤホンの進化を感じました。BOSE「SoundSport Free wireless headphones」感想レビュー。

スポンサーリンク




今時のBluetoothイヤホンの進化はんぱない。

いつも「a composer」(@a_composer_info)をお読みいただきありがとうございます。

banba(@banba929)です。

BOSEの完全ワイヤレスイヤホン 「SoundSport Free wireless headphones」を数日使ってみたのですが、まあ、あの、すごい。

「イヤホンにそんなにお金かけたくないなあー、イヤホンにお金かけるなら同じ金額のヘッドホン買うよね」と、以前からよく口にしていたのですが「イヤホンにお金かけると…すごい…いいなあ…」派に意見が完全にひっくり返ってしまいました。

使用してみるまではBluetoothイヤホンに対し、「有線じゃない時点で音質劣化しそう」なんて考えていましたが、ほんと、あの、すいませんでした。

なんかどうも僕はいい方向に予想を裏切られるとどもってしまう一面があります。

スペックなどまとめ

特徴

公式サイトには以下の記載がありました。

  • 完全ワイヤレスで、どんな動きも妨げません。
  • StayHear+ Sportチップは軽量で外れにくいデザイン。長時間の使用でも快適にフィット。
  • 雨や汗にも強い防滴仕様(IPX4)だから安心です。
  • ワイヤレス信号の強度と安定性を最大限に確保する設計です。
  • どんな音量でもクリアでバランスのとれたサウンドです。
  • 最大5時間の連続再生が可能。ケースをフル充電することで2回分の充電ができ、さらに約10時間の再生が可能です。

仕様

外形寸法/質量

  • 本体:25mm W x 32mm H x 30mm D (18 g/ペア)
  • ケース:100mm W x 38mm H x 48mm D (80 g)

その他の仕様

  • 充電式リチウムイオンバッテリー
  • 充電時間: 2時間
  • バッテリー持続時間: 満充電で最大5時間

同梱物

  • Free wireless headphones
  • ポータブル充電ケース
  • StayHear+ Sportチップ(3サイズ)
  • USBケーブル

個人的に嬉しかったのは合計15時間ものリスニングができること。使用時間が長くて困ることはないのではないでしょうか。

ワイヤレスになるということはバッテリーが内蔵されています。

バッテリーの劣化がかなり怖かったのですが、これだけ長ければ充電回数も少なくて済みますし、多少劣化したとしても通常のリスニング程度でしたら問題なく使用ができるかなと感じました。

イヤホンで通話をすることも可能です。完全ワイヤレスイヤホンなので、マイクが口元にはないのですが試しに電話に使ってみたところ問題なく会話ができました。

また、防滴仕様になっており、過度の信用は禁物ですが、汗や雨に多少耐えられる設計になっています。普段よく使うイヤホンだからこそ壊れにくい仕様は助かります。

おしゃれな外観

毎日身に付けるものほど外観にこだわりたい。僕は身の回りのものを選ぶ際そんなことを考えています。

この「SoundSport Free wireless headphones」は僕にとってそんな欲求を満たしてくれるイヤホンであると感じました。

ケースもつや消しのブラックで持ち歩きやすいコンパクトさであると感じました。

今回僕の使用したカラーは「ブライトオレンジ」ですが、他に「ブラック」と「ミッドナイトブルー」の2色があります。合計で3色の展開ですね。

よく着る服装の色合いに合わせ選択することができるのもいいポイントだと感じています。

なにより「音」がいい

このワイヤレスイヤホンを使用し、聞いて一番最初に驚いたのは「音の良さ」です。

「これ、もはやヘッドホンじゃね」というレベルに仕上がっていると感じました。

完全ワイヤレスで、驚きのサウンド

ケーブルを排除した完全ワイヤレスで外れにくく、どんな動きも妨げません。ボーズ独自のテクノロジーで、クリアでパワフルなサウンドを実現しました。

先進のテクノロジー、ここに凝縮

SoundSport Free wireless headphonesは、音質向上のためのデジタル信号処理から、安定したBluetooth®接続のためのアンテナ位置にいたるまで、細部にまでこだわって開発しました。スマートフォンを手に持っていても、ポケットやバッグに入れていても、音割れやノイズのない安定したサウンドを実現。完全ワイヤレスで、驚きのサウンドを提供します。

公式サイトにそんな記載がありましたが「はあ、言ってもイヤホンだしなあ」なんて甘く見ていました。が、さすがBOSE。

謳い文句に嘘はないように感じました。基本的にイヤホンで低音を出すのは難しく、音が割れて潰れてしまっていたりすることが往々にしてありました。

が、このイヤホンはまるでヘッドフォンのような音の鳴り方に感じました。空間を感じるんですよね。音との距離感であったり、空気感のようなものを。

出力のバランスがとてもよく、長く聴きやすい。また、抜けも良く音の定位がよくわかるなあと感じました。アーティストもこのイヤホンで聴かれたら満足するのではないかな、とも。

今まで僕が聴いてきたイヤホンの中で間違いなく一番気に入ったイヤホンです。

まとめ

相当に高いレベルでまとまっているイヤホンだと感じました。

僕の中のBluetoothイヤホンのイメージを叩き壊した功績者ですよ、このイヤホンは。

「BOSE」というとギターエフェクターのイメージが強かったですが、もう今イヤホンにイメージが塗り替えられてしまっています。

このBluetoothイヤホンはお値段が¥29160とかなり高額なイヤホンです。

しかし、音楽が好きな人にとって「イヤホン」というアイテムは毎日に欠かすことのできない大切なものであると思います。

「毎日使うものこそ良いものを使いたい」「いい音楽をいい音で聴きたい」という方は是非一度試していただきたいイヤホンであると感じています。

日々の音楽がよりいいものにきっとなりますよ。

スポンサーリンク