デジタルイラスト練習2ヶ月目。色塗りの奥深さに気付きました。

スポンサーリンク




色ぬんの…難し…

いつも「a composer」(@a_composer_info)をお読みいただきありがとうございます。

banba(@banba929)です。

「1ヶ月ごとに描いたイラストを載せていく」という名目で始めたこの定期記事を描いていると「ええ、もうあれから1ヶ月も経ったの?」と時間の流れの速さと自分の成長の遅さに嫌になります。両方重なってるからね。仕方ないね。

定期記事にします。デジタルイラスト練習1ヶ月目。

今回の記事を書くにあたり、前回の記事を見直しましたがまだまだ全然過去の自分を笑えるレベルには到達できていません。世の絵の上手な方々は一体どれだけの練習を積み重ねてきたのか。何かを作る人に対し尊敬しかありません。

今月はかなり模写に時間を割いた月だったのでまともに色を塗ったお見せできる絵が3枚しかありません。まあ先月も4枚とかでしたね。すみません、来月こそは。

それでは2ヶ月目見ていきましょう。

デジタルイラスト制作2ヶ月目

1枚目はこのブログのトップページのために描いたイラストです。

深く暗いような青が好きで、そんな色が似合う女の子を描いてみたくて描きました。

かなりお気に入りのイラストで、これからしばらくは一緒に頑張っていってもらおうと思っています。

同じタイミングで描いた女の子がこちら。

手が上手く描けた気がします。

2枚目です。

つい最近ニコニコ動画とYouTubeに「Tinker Bell」という曲をアップロードしまして、その曲をイメージ描いたイラストです。

上手に描けたかと聞かれるとなんとも言い難いのですが、出したかった雰囲気は出せたかなと思います。

もう少ししっかり世界観を表現するためにも練習していかないと、と改めて思いました。ごめんねTinker Bell。

3枚目です。しっかり「光」や「影」を意識して描こうとしたイラストです。

柔らかそうな質感や女性らしさをもう少し出せたらなあ、と思いました。

光や影をつけると立体感が出て、少しリアルさを感じますね。

まとめ

2ヶ月目が終了してしまいました。気持ち的にはあの、だんだん大人になっていくようなそんなもどかしさのようなものがあります。

この間、本屋さんの前を通ると「絵はすぐに上手くならない」みたいな本が並んでいました。

へー、やっぱそうなんだなーなんて通りすぎてしまいましたが買っておくべきだったのかもしれません。なにか変われたのかな。

練習にしっかり取り組み始めたばかりの絵を晒していくのは恥ずかしい部分もあるのですが、上手になったときの「さあ!俺の絵を!見てくれ!」みたいな感情が生まれるのをいまかいまかと待ち構えています。

早く自信をもって「俺の絵がすごいから見てくれ」と言えるようになりたいものです。

自分の頭の中の世界を一番伝えやすい形って「絵」や「イラスト」だと思うんですよね。

何かを伝えるそのすべをたくさん身につけていきたいところです。

多分僕に一番期待をかけているのは僕だと思います。なんとか上手くなれるよう頑張っていこうと思います。

スポンサーリンク