ノートパソコンのお供におすすめ。コンパクトさ・薄さがすごいlogicool「T630」感想レビュー

スポンサーリンク




今一番使っているマウスです。

いつも「a composer」(@a_composer_info)をお読みいただきありがとうございます。

banba(@banba929)です。

少し前にメインパソコンをMacBook Pro 15インチにしたことにより、様々な場所で作業を行うようになりました。

基本的にはトラックパッドで操作を行うのですが、長時間作業を行う際などはマウスが使いたくなってしまいます。使い慣れているからですかね。

「マウスを使うならAppleで揃えたいなー」と以前のメインマシンで使用していた「Magic Mouse」をMacBook Proとともに持ち運ぼうとしたのですが、Magic Mouseがそこそこ大きなサイズで持ち運ぶ気になれず。

所有しているMacBook Air用に購入したlogicoolの「T630」を使用することに落ち着いたので、今更ですがレビューします。

お値段は公式サイトで¥9130。そこそこ高いですがそれだけの価値はあると思います。

レビューする一番の理由はこないだMagic Mouseのレビュー記事書いたのでかわいそうになったからです。

このマウス、地味に2年くらい使っている気がします。いつもありがとう…

スペック

デザイン

指などで操作する面は高級感あるマットな素材で、サラサラとしています。

もう結構使っているので汚れていますね。ごめんね。

側面の金属感がまた高級感溢れるポイントであるかなと思います。

何をするにも必ずといっていいほどマウスを使用すると思います。

いつも触れるものだからこそ満足いくものを所有したいところです。

主な機能

お使いのULTRABOOKに調和するデザイン

スマートな外観と滑らかな触り心地を備えるこのマウスは、お使いのUltrabook™ パソコンのおしゃれな外観を完璧に引き立てます。

高い携帯性

超薄型・軽量のT630は、ノートパソコンのケースやポケットに入れて気軽に持ち運ぶことができます。お気に入りのマウスをどこにでも持ち運ぶことができます。

快適なタッチ操作

簡単に、そして自信をもってWindows 8の操作を体験してください。 T630は自然で直観的なジェスチャーでタッチ経験を簡単にし、快適な作業を実現します。1

1つのマウス、複数のデバイス

T630は、Bluetooth®ワイヤレスを使ってお使いのデバイスを接続します。また、弊社のEasy-Switchテクノロジーにより、スイッチ一つでUltrabook、またはデスクトップパソコンなどのデバイスを簡単に切り替えることができます。

シンプルなタッチナビゲーション

T630の操作は、指先のみを使って行います。高精度センサーは非常にわずかな動きにも反応します。

素早い充電

わずか1分の充電時間で、約1時間の動作に十分な電力が供給される急速USB充電に対応しています。 バッテリー残量が低くなったら、プラグを差し込むだけです。マウスはUSBを介して充電できるため、電池交換の手間がかかりません。

ご覧になって気づいた方もいらっしゃると思うのですが、僕は軽くミスってるんですよね。

この「ウルトラブック用」の「T630」とMacユーザー用に「T631」というマウスが販売されています。

Mac用はこれじゃないんだ?と思いましたが、全然使えています。

調べたのですが、正直デザインも使い勝手も何が違うのかよくわからないです。

噂によるとパッケージングの違いだけで、ハードに違いはないとも…

ずっとMac OSでも問題なく動作しているので、ホッとしています。

使用していて感じるメリット

先程挙げた主な機能で恩恵を受けているとすごく感じるのは「高い携帯性」「複数デバイスで使える」「素早い充電」ですかね。

小さい、薄い、軽い

下手くそなりにわかりやすい写真を。

MacBookなどの持ち運びを考えられたノートパソコンは年々薄く、軽くなっています。

せっかく薄くて軽いノートパソコンを使用しているのに、その周辺機器がかさばってしまっていてはせっかくの携帯性を活かしきれていない気がします。

この「T630」は

  • マウス本体サイズ (横x奥行x高さ)mm : 84.55 x 58.75 x 18.1
  • マウス重量(電池含む) g : 70

と、とても小さく薄く軽いです。

これくらいのサイズだと鞄の小さいポケットに入れたり、場所を考えることなく持ち運ぶことができています。

2台の登録ができる

背面のスイッチを切り替えることで2台のパソコンを登録することが可能です。

出先のノートパソコンで作業した後、家に帰ってからデスクトップパソコンで作業をする、といった際にペアリングし直すことなく使用することが可能です。

手間をかけることなく、切り替えることができるのは大きなメリットだと感じています。

素早い充電

僕はよく充電を忘れます。使用しようとした際に充電がないことに気づくことが多いです。

10分程度充電するだけでそこそこの時間使用することができるのでありがたいです。

充電式なので、乾電池を買うといった手間や料金もかかりませんしね。

フル充電まで約1.5時間、フル充電で使用できる期間は最大10日間と十分な時間なのではないでしょうか。

純粋な操作性ならMagic Mouse

仕様や操作性に不満はなく、ほぼ毎日使用しています。

が、純粋な操作性はMagic Mouseの方が使いやすく感じます。

求めておきながら何を言っているのかって話なのですが、小さくて薄いので慣れるまで時間が必要な気がします。

通常のマウスのように握り込んで操作するわけではなく、手のひらを乗せ、滑らせて操作するような感じです。

持ち運ぶ理由がなければ小さいマウスを選択する理由はないかもしれません。

まとめ

かなり長い期間頑張ってくれているマウスを今更ですがレビューしてみました。

小さく、薄く、軽い。操作性も不便することはなく快適です。

持ち運び用途のノートパソコンにぴったりな製品だと思います。

ただ、やはり純粋に使い勝手や操作性などを考えるとMagic Mouseに軍配が上がります。

僕は手が大きいので、Magic Mouseの方がフィットするんですよね。

持ち運びやすいという点も踏まえると大満足です。継続してしっかり使っていこうと思います。

スポンサーリンク