疲れた時になんとなく読める。おすすめほのぼの人気日常漫画5選。

スポンサーリンク




忙しい現代だからこそゆったりと落ち着いた気持ちになれるような漫画が求められているのですかね。

いつも「a composer」(@a_composer_info)をお読みいただきありがとうございます。

banba(@banba929)です。

最近、歴代の人気の漫画やアニメを思い返していたのですが、「けいおん!」「甘々と稲妻」「干物妹うまるちゃん」「からかい上手の高木さん」など、クスッと笑えるような日常漫画が以前より増えてきたような気がしします。

忙しい現代人は漫画やアニメに癒しを求めているのかもしれません。

昔からかなりの量の漫画を読んでいますが、僕もかなり緩い漫画が大好きです。

おすすめの緩い日常系漫画を振り返りながらまとめてみます。

疲れたときやゆったりとした休日などに是非読んでみてください。

よつばと!

『よつばと』特設サイトより引用

よつばと!とは

よつばと!』は、あずまきよひこによる日本の漫画作品。『月刊コミック電撃大王』(アスキー・メディアワークス(旧メディアワークス))において2003年3月から連載されている。ちょっと変わった5歳の女の子「よつば」が、日常の中で体験する様々な「初めて」や「感動」を描く。

Wikipediaより引用

1番好きと言っても過言ではないくらい好きな漫画です。

ちょっと変わった5歳の女の子「よつば」が可愛くてやばいです。

「よつばと!」1巻より引用

「よつばと!」5巻より引用

語彙力がなくなってしまうほどに可愛い。この漫画をヤンキーとかに配ったら間違いなく更生するレベルだと思います。

無邪気さとほのぼのさがもうなんか、母性だか父性だかわかりませんがくすぐってきます。

「よつばと!」5巻より引用

周りの大人たちがまた遊び心があって素敵。

読んでるだけでニヤけてくる漫画第1位です。本当おすすめ。

現在14巻まで発売されています。読み終えた頃には間違いなく優しい気持ちになっていることと思います。

喰う寝るふたり住むふたり

喰う寝るふたり住むふたりとは

町田りつ子と野々山修一(のんちゃん)は交際10年、同棲8年目のアラサー・カップル。互いの事を知り尽くした仲とは言え、それでも擦れ違ってしまう2人。物語は、そんな2人に起こる些細な日常の擦れ違いを男女両方の視点からコミカルに描く。

Wikipediaより引用

先ほどの「よつばと!」は子供のお話でしたが、この作品は大人のお話。

交際10年。同棲8年。よく聞かれるのは「なんで結婚しないの?」。

この作品は1つ1つのイベントを男女両方の視点から描くザッピングストーリー。

伝えたつもりが伝わってなかったり、お互いの意見がぶつかり合ったり。

両方の視点から内容が把握できるので、両方の言い分がすごくよくわかります。

青年誌連載でしたが、口コミで多くの女性読者をひきつけ、コミックスは売り切れ店続出。

是非大事な人とシェアして読んでみてください。「仲良くやろう」って気になれますよ。

こちらは完結済みで全5巻。一気に読めるボリュームなのも好きなポイントです。

うさぎドロップ

うさぎドロップとは

祖父の訃報で訪れた祖父の家で、30歳の独身男、河地大吉(ダイキチ)は一人の少女と出会う。

その少女、鹿賀りんは祖父の隠し子であった。望まれぬ子であったりんを施設に入れようと言う親族の意見に反発したダイキチは、りんを自分が引き取り育てると言った。こうして、不器用な男としっかり者の少女との共同生活が始まる。

Wikipediaより引用

こちらも「よつばと!」と同じく、子供のお話。

ですが、子供視点ではなく大人視点。

親代わりとなったダイキチが子育てに奮闘します。

優しく賢くしっかりとしたりんに「子供って色々教えてくれるんだなあ」みたいな気持ちになります。

ダイキチの考えが徐々に変わっていくのも面白いポイント。

母親に言われた「今まであたしがどれだけ自分を犠牲にしてきたか何にも知らないクセに」という言葉がずっと引っかかっていたダイキチ。

りんと過ごしていくにつれ感じたのは「子供を育てるって犠牲とかとちょっと違うような…」

何かに気づかされてばかりです。

この作品は全10巻。完結済みです。

働かないふたり

働かないふたりとは

対人恐怖症の妹・春子と、社交的で「エニート」な兄・守。対照的な性格だが、ふたりとも働いていない。そんなニート兄妹と家族や友人、お隣さんたちとの日常を描く。

Wikipediaより引用

間違いなく、頭を空っぽにして読めます。

ああ、働きたくねえ。

「働かないふたり」1巻より引用

働いていないニートの兄妹が仲良く毎日ゲームしたりなんやかんや過ごすだけの話です。

とにかく緩い。働いていないふたりの周りの人もかなり緩い。

マジでこの作品の中に生まれたかったなあと日々感じます。

なんでも受け入れてくれる環境が羨ましくて仕方ないです。

13巻まで出ており、現在も連載中。

現実逃避にもってこいな気がします。

日常

日常とは

時定高校を中心とした不条理な「日常」を題材にしたシュールな作風の漫画で、登場人物の多くが非常に個性的、かつ変わった言動を繰り返し、奇想天外な出来事の続発に翻弄されるのが基調。ストーリー(ショートギャグ)漫画版・4コマ漫画版の双方が存在する。登場人物の姓に群馬県内の実在の地名が多数用いられ、群馬県ローカルな名物の一つ「上毛かるた」が作中に登場するなど、群馬出身の作者らしいご当地ネタも多い。

Wikipediaより引用

一言でいうなら「はちゃめちゃ」。

ほのぼのできる漫画でまとめましたが、ギャグ強すぎな気もします。ミスったかな。

登場人物もかなりぶっ飛んでいます。

シカ、モヒカン、大福、女子高生ロボットなど。

「日常」1巻より引用

シュールギャグすきなら間違いなく笑える一作。作者ほんとすげえ。

僕はなんとなく読み始めるのが1番しっくりきます。

一話完結の話ばかりなのでどこからでも入れるのもいいポイント。

全10巻、完結済みです。

まとめ

めちゃくちゃに好きな日常系漫画を集めてみました。

結構全体的に完結しちゃってますね。あんまり巻数が出てないというのも僕の気に入っているポイントです。

もうほんと全部おすすめ。全部面白い。

ほのぼのとした日常系漫画のいいところは「読んでいて疲れない」ところだと思います。

何かに疲れた時、是非一度手にとって見てください。

ギャグ要素強めのものもありますが、それもまた心地よくホッと一息つくことができると思いますよ。

またおすすめができれば追記していこうと思います。

スポンサーリンク