アクセス数は下がるのか。ネタ切れしたらブログ休むのもアリだと思いました。

スポンサーリンク




毎回相当な文字数書いてるし、ある程度仕方ない気もします。

いつも「a composer」(@a_composer_info)をお読みいただきありがとうございます。

banba(@banba929)です。

当サイト「a composer」の記事数も85記事を超えてきました。おめでとー。ありがとー。

正確にはこの記事で87記事目になります。

まあ、「はじめまして」とか「ブログ用のTwitterアカウントを作成しました」とかの記事があるので、ちゃんとした記事はもう少し少ないのですが…。

「ブログは100記事から」とよく見るので、あの10と数記事書けばとりあえずは達成です。

それにあたり、ネタがそろそろカツカツです。走りながら拾い上げている感じ。手持ちはもうない、です。

しかしまあ、すごいブロガーの方とかって記事数1500くらいあるんですよね。

「いやあ、どうやって考えてんのそれ」なんで気になったので、「ブログ ネタ切れ」でググるともう、なんかすごい。応援がすごい。

いやあ、書きたいんですが、無いんですよね。ネタが。

ブログを書かないとどうなるのか。アクセス数は下がるのか。

調べて見た内容を綴って行こうと思います。

YouTuberってすごい

その前に1つ感じたことを。

ブログを書くようになって、「YouTuber半端ない」とよく感じるようになりました。

僕は作曲したものを動画に乗せて動画投稿サイトによくアップロードするのですが、その動画作成だけでも結構大変。

ネタ探し、録画、喋っていない部分のカット、テロップ入れ、サムネイル作成…

かなりの労力を投入して作成されていることは間違いありません。

ブログはネタを探して、記事を書き、サムネイルを設定、購入リンクなどを貼る程度です。

YouTuberってすげえ。ブームが来るのも頷ける熱量ですね。

つい先日、HIKAKINさんのチャンネルも600万人を突破しましたし、勢いが止まりませんね。

海外のYouTuberだと桁違いの登録者がいる投稿者も。

やはり英語は強いなー、と感じました。

ブログを休むとPVは減るのか

心配になり、結構調べましたが「減らない」が結論のような気がします。

さまざまなメディアを参考にさせていただきましたが、7、8割くらいの人が「減らなかった」という記載をしています。

むしろ増え続けたという人も。

やはりブログは「資産型」のコンテンツ。

一度作成したものを積み上げておけば、そこに人は来てくれるようです。

そう言えば以前、検索エンジンについて調べていたのですが、「最近は記事の投稿頻度よりもコンテンツ重視になってきている」といった記載を見ました。

Googleは検索エンジンの仕組みを詳しく公開していないので、真偽は不明ですが、Googleの検索エンジンの目標的にもそっちの方があっているような気はします。

Googleの究極の目標は検索の変貌, 何もかも究極のパーソナルアシスタントに奉仕する情報へ

毎日とりあえず投稿するよりも、コンテンツとして評価される記事をしっかり作り込んで投稿するのがアクセス数を上げる近道なのかもしれません。

リピーターは減るかも

ただ、リピートしてくれる人は減るのかもしれません。

更新頻度が低いということは、ブックマークなどからきてもらえる回数が少なくなることであると思っています。

「あのブログ、更新されてるかな?」なんて思ってもらえなくなるのは寂しいものがあります。

1日1回、3日に1回、1週間の火曜日と金曜日更新、などあらかじめできそうな頻度で決めておくのもいいかもしれません。

そうすれば読者の方もいつ見に来たらいいか把握できるような…。

あとはTwitterをフォローしてもらって、更新をお知らせする仕組みにする、などですかね…

とりあえず、ただ更新をストップさせるだけだとリピーターの方は来なくなってしまいそうです。

その対応だけしっかりすれば休むのもありに思えて来ました。

「◯◯月◯◯日〜◯◯月◯◯日まで更新をお休みします。」とあらかじめ伝えるとか?

やりようはいくらでもありそうなので、なんとか長く読んでもらえる努力をしたいものです。

まとめ

結論としては「休んでも問題ない」になりそうです。

「ブログ 休む アクセス数」などで検索をかけるとかなりの人がアクセス数を開示してくれているので、複数のメディアを見てみるといいかと思います。

おそらくですが、Googleとしては有意義な、中身のあるコンテンツを上位表示させたいはずなので、更新頻度はあまり見なくなるような気はします。

書けない時期は過去記事のリライトや統合、タイトル変更などを行うのがいいのかもしれません。

まあでも正直、何か調べ物をした時に上位表示されているメディアの更新が数年前、とかよくある話ですよね。

間があいても、とりあえず継続するというのが1番いいかと思います。

疲れない程度にサイト運営頑張ってください。僕も頑張ります。

スポンサーリンク