【Apple Pencilケース】Pencil Barrier購入レビュー。キャップの紛失防止とグリップ力向上へ。

スポンサーリンク




1本1万円以上する高級ペン。大事にしたいですよね。

いつも「a composer」(@a_composer_info)をお読みいただきありがとうございます。

banba(@banba929)です。

数ヶ月前にiPad Proを購入した時、一緒に購入したApple Pencil。

ものすごく使い勝手のいいペンで反応もよく、イラスト練習にも手書きで何かメモを残すにも最適なアイテムに感じています。

ただ少し不満があるとしたら、ペンの後ろが充電コネクタになっているのですが、「キャップを紛失しそうで怖い」ということ。

ツイッターなどで「Apple Pencil キャップ なくした」で検索してみると、まあ、そこそこ被害者が…。

僕はよく物をなくしてしまう人なので、「間違いなく僕もなくしてしまう、対策しよう」といろいろ探してみました。

すると、ちょうどいいのがありました。

キャップ紛失防止に僕が選んだのはAmazonに売られていた「Pencil Barrier」。

購入時は1000円程度で購入することができました。

名称がすでになんかいいですね。鉛筆のバリア。守ってくれそう。

購入を決めた理由、メリットデメリットを書き綴ろうと思います。

僕が「Pencil Barrier」を選んだ理由

「キャップ紛失防止」がメインの理由で探していましたが、キャップ紛失防止のためのアイテムは他にもあります。

例えば、純粋にキャップとApple Pencil本体をシリコン素材で繋ぎ合わせているものなど。

僕が「Pencil Barrier」を選んだ理由は、Apple Pencil本体の保護ケースとしての機能も兼ねているからです。

Apple Pencilは細く、ツルツルとした素材でできているので、意図せず落としてしまうことが度々ありました。

冒頭にも書きましたが、Apple Pencilはかなり高級なペンです。

しょうもないところで壊れてしまっては悔やまれる、と防止を期待しました。

「Pencil Barrier」のメリット

キャップ紛失防止になる

Pencil Barrierを装着したApple Pencilの充電方法ですが、Pencil Barrierそのものを引っ張り、充電コネクタを露出させます。

キャップはPencil Barrierの中に残っているのでどこに置いたかなど気にする必要もなく、紛失防止につながりますね。

僕が探していた機能がこれだったのでかなり満足しています。

上部にはストラップを付けるためのホールもあるので、Apple Pencil自体の紛失も防止できるかなと思います。

Apple Pencilの保護ケースとして

おそらく、Pencil Barrierのメインの機能はこれなんですよね。Apple Pencilの保護。

先端部と充電コネクタ露出部以外の部分はシリコンで包まれており、傷などからかなり守れるかなと思います。

僕は基本的に使っているものに傷をつけたくないので、すごくありがたいです。

ずっと綺麗な状態を保つ手助けをしてもらえるといいなあと考えています。

Apple Pencilのグリップ力の向上

Apple Pencilはツルツルとした素材でできており、グリップ力はありません。

特に滑り止めなどがなくても不自由はないのですが、Pencil Barrierをつけてから滑りにくくなり、かなり描きやすさが向上したように感じました。

本体にケースを付けるので、Apple Pencil自体の太さも変わります。少し太くなります。

その変化も理由の1つかなと考えています。

僕は手が大きいからか、Apple Pencilは少し細く感じていたんですが、意図せずそれの解消になりました。

転がりによる落下防止

写真だとわかりにくいかもしれませんが、2つ突起があります。

Apple Pencilを使用していて、地味に多かったのが「転がりによる落下」です。

Apple Pencilは突起物なども何もない綺麗な円柱なので、机などが傾いているとコロコロと転がってしまうのですね。

Pencil Barrieには転がり防止のための突起物がつけられており、思わぬ事故を防ぎやすくなっていると感じました。

気づかぬうちに救われることになるだろうと思います。

Pencil Barrierのデメリット

かなり満足しているのですが、1つデメリットを挙げるとすれば「太くなる」ことですかね。

そもそも「ケース」なので太くなるのは当たり前ですし、描きやすく感じているのですが、iPadケースなどの収納ポケットに入らなくなります。

一緒のケースに収納できなくなることがデメリットでしょうか…。

僕はMacBook Pro用の小物ケースに収納し持ち運んでいますが、iPadのみで持ち運ぶ人だと少し面倒くさくなってしまうかもしれません。

まとめ

全体的に満足していますが、iPadケースに収納できなくなることは完全に頭から抜けていました。盲点。

とりあえずしばらくは装着してiPadとともに使用していこうと思います。

ストラップホールになにか付けようかなとも思ったのですが、描くものなのでちゃんと選ばないと邪魔になっちゃいますね。

Apple Pencilについてなにもしていなかったので、いろいろアクセサリーを見てみるのも面白いかもしれません。

1番起こりやすいと思われるキャップの紛失防止も兼ねた便利アイテムのご紹介でした。

スポンサーリンク