優れたデザインとは「見るだけでわかる」こと。ブログにも役立つ「なるほどデザイン」書評レビュー。

スポンサーリンク




「カッコいい」だけでも「オシャレ」なだけでもいけない。

いつも「a composer」(@a_composer_info)をお読みいただきありがとうございます。

banba(@banba929)です。

数ヶ月前よりデジタルイラストを描こうとしているのですが、書いている上で感じたのが「デザイン力」の必要さ。

ブログでも同じことが言えるかなと思います。

どれだけイラストやブログがうまくこなせても、デザインが悪いと見難かったり、読みづらさを感じてしまうと思います。

本書を読むまで、「デザイン」というのは「オシャレに、カッコよく」するためだけのものだと思っていました。

しかし、本書を読みイメージが変わりました。

優れたデザインとは、「見るだけで機能がわかる、直感的操作を、可能にする」もの。

以前こんなツイートを見つけ、共感しました。

例として丁度良いかと思います。

まさに「空気」のように感じ、疑問に思ったことはありませんでしたが、確かに優れたデザイン。

使い慣れているものも誰かのデザインでできているのでしょう。目を向けてみるのも面白いかなと思います。

「なるほどデザイン」というのはいいタイトルだなと感じました。

本書の構成

  • chapter 1 編集×デザイン
  • chapter 2 デザイナーの7つ道具
  • chapter 3 デザインの素

の3つの章より構成されています。

項目が多くなく、スッキリとしているので、取り入れたい項目などをサッと引けるなと感じました。

「デザイナーの7つ道具」は著者が「右も左もわからない新人だった頃に先輩デザイナーから学んだこと、自分自身の仕事経験を通じてだんだんと体系されていった気をつけるべきポイント」をまとめてあります。

「この章だけでも買う価値がある」と感じました。

7つ道具のうちの1つを紹介させていただこうと思います。

文章の「擬人化力」

読んでもらうメディアを運営している僕が1番面白く感じた7つ道具はこれでした。「擬人化力」。

何か文章を読む上で、無意識に「話している人」を想像することはありませんか?

文章を書いた人を勝手に頭の中に描いてしまう。

それは、書体や大きさ、字間と行間によるものだったみたいです。

「書体」を「声色」に例えてみる

「なるほどデザイン」より引用

同じ「おはよう」という挨拶でも、字体によってかなり雰囲気に違いを感じませんか?

また、キャラクターと書体がぴったり合っているように感じます。

つまり、この擬人化された人物のような人を書体から想像している、ということになると思います。

文章を書く上で読みやすい書体を選定することはもちろんのこと、さらにどういった人を想像されるかということまで考えて書体を選ぶべきなのかなと感じました。

「組み」を「話し方」に例えてみる

「なるほどデザイン」より引用

前述した通り、「書体」は「声色」として捉えるものでした。

そして、「組み」は「話し方」として捉えられるようです。

①の「1行が長く行間も狭く、明朝の文字がぎっしり」な文章は早口のように感じますね。

「ニュース番組のアナウンサー」を文字にするとこんな感じなのかな、と考えました。

対照的に②は「文字を大きく、字間も行間も広くゆったり取る」文章です。

こちらはなんだかのんびりとしていて、書体も優しい文章に感じました。

幼い時に読んでいた本がこのような文章のデザインをしていた気がします。

「読み聞かせをしてもらっているようで心地良い」と感じました。

このように、文章は組み合わせ次第で大きくイメージを変えます。

行を短くすれば、どんどん読み進められるような軽快なスピード感を得られますし、書体次第で真面目な文章がふざけたようなイメージになってしまうこともあります。

「伝え方」を意識し、ブログを書いていかなくてはと再確認できました。

まとめ

レイアウトなどの配置はもちろん、文章一つとっても「デザイン」なのだなあ、と気づかされました。

「デザイン」の書籍なので、とても読みやすくわかりやすいです。

「なるほどデザイン」が出版されたのは2015年の8月。

もうすぐ3年ほど経つ書籍なのですが、いまだに根強い人気があるのはそれだけわかりやすく本質を捉えているということだと思います。

誰かに何かを伝える人、伝えたい人にとって宝物のような1冊になるのではないでしょうか。

1冊しっかり読み込めば、必ずデザイン力は上がっていると思います。

初めてデザイン関連の書籍を買いましたが、大満足でした。とりあえず購入してみても損はないかなと思います。

かなり人気の書籍ですので、Amazonを除いても様々なレビューがあふれていますしね。

僕は何かを作ることが好きなので、これから活かせる場がたくさんあると思います。

イラストを描く上でなにかヒントをもらえるかな、と購入しましたが、もっと幅広く応用できそうです。

サイトを立ち上げてもう既に4ヶ月が経過しようとしているので、色々とデザインの変更を行いたいですしね。

「なるほど」なデザインを意識し、わかりやすく使いやすい直感的なものを作っていきたいです。

スポンサーリンク