2019年発売iPhoneはLightningではなくUSB-Cポートを採用する可能性。

スポンサーリンク




本当であればケーブルの統一化は物凄く嬉しいですね。

いつも「a composer」(@a_composer_info)をお読みいただきありがとうございます。

banba(@banba929)です。

2019年に発表するiPhoneシリーズにUSB-Cポートを搭載する可能性があるとDigitimesが報じています。

この情報が本当であれば、MacBookとiPad、iPhoneのケーブルが統一されることになるので、持ち運びもコンパクトになり便利になりますね。

2018年発売のiPhoneもUSB-C採用との噂も出ていますが、現段階ではまだ設計段階という声が強めです。

2019年が有力のようですね。今USB-C – Lightningケーブルを購入するのはやめたほうがいいのかもしれません。

本当にLightningからUSB-Cに切り替わるのか。

しかし、ほとんどユーザーにとってのメリットとなる気がしますので、本当に実装されるのかは疑問な部分があります。

現在「MacBook」「MacBookPro」ではUSB-Cポートが採用されています。USB-Cに切り替わってから結構な時間が経ちました。

しかし、iPhone、iPadシリーズはLightningケーブルを採用し続けています。

AppleはLightningケーブルコネクタの構造を特許化しており、AppleのライセンスがなければLightningケーブル互換品の製造、販売はできないようです。

ですので、変更するかなあ…と考えるとかなり疑問が残ります。

また、iPhone4s以前のモデルで使用されていた30ピンコネクタからLightningケーブルに変更した際のメリットに「小ささ」がありました。

単純に大きさで比較をすると、

  • USB-C 横幅 約8.3mm
  • Lightning 横幅 約6.5mm

とLightningの方が小ささにおいて勝ります。

どんどん薄くなっているスマートフォンに対し、以前より大きなコネクタを採用するだろうか…というのもまた疑問の1つではあります。

まとめ

割とネガティブな考察となってしまいました。

2019年発売のiPhoneからUSB-Cに変更される!とかなり話題になっていましたが、Appleが発表したわけではなさそうなので過度の期待はやめたほうがいい気がしますね。

されれば僕含めユーザーは喜ぶ気がしますが。

iPhoneSE2は6月発表という話もありましたが発表はなかったですし、Appleが発表したもの以外は「そうなればいいなー」くらいの雰囲気で記事を見ています。

冷静に考えてみるとAppleがUSB-Cを採用するメリットがあまり思い浮かばないのですが、ほんの少し期待を残しつつ続報を待ちたいと思います。

スポンサーリンク