あなたの読書スピードはどれくらい?読む速さを測れる「読書速度ハカルくん」で時間の把握を。

スポンサーリンク




読書スピードが2倍になれば、同じ時間で倍の本が読める。

いつも「a composer」(@a_composer_info)をお読みいただきありがとうございます。

banba(@banba929)です。

僕はよく本を読みます。

漫画、文芸書、ビジネス書問わず、興味が惹かれればなんでも手を出すようにしています。

本を読んでいて大切だと思うのが「読書スピード」。

情報が手に入るとはいえ、本を読む行為はかなりの時間を使ってしまいます。

本を読むのが速いとよく言われますが、速ければ速いほうがいい。

単純に、読書にかかるスピードが減れば同じ時間でたくさんの本が読めますからね。

つい先ほど、読書スピードが測れるサイトを見つけたので共有します。

「読書速度ハカルくん」というサイトです。

1分ほどの時間で自分の読書スピードが把握できるようになるので、ぜひ一度試してみてください。

人生において、与えられた時間は有限なので短縮できるものは短縮して他のことに当てたいなと考えています。

そのためにある程度、自分の行動にどれだけの時間がかかるのかは把握しておくべきなのかもしれません。

読書速度ハカルくんの使い方

リンクをクリックしていただくと、ハカルくんのページにアクセスできます。

読書速度の測定・読書スピード計測|読書速度ハカルくん

読むスピードが2倍になるだけで生涯で読める本の数は2倍になり、1冊の本を読破するのにかかる時間は半分になります。

それだけ出会える本の数が増えるということです。

自身の読書速度を知ることは、今後の人生を豊かにする一つのきっかけになるかもしれません。

是非「読書速度ハカルくん」で、あなたの読書速度を計測してみてください。

「読書速度の測定・読書スピード計測|読書速度ハカルくん」より引用

まさに僕が言いたいことが書いてあります。

そのままスクロールしていただき、自分の年代を選択ボックスから選びます。

「たてがき」「よこがき」を選択すると測定が始まります。

ものすごくわかりやすいレイアウトと手順なのですぐに始められれかなと思います。

結果は

  • ◯◯級
  • 1分あたりに読める文字数
  • 読書速度の偏差値
  • 「ハリーポッターと賢者の石」が読み終われる速度

という形で表示されます。

また、「理解度チェック」をクリックすると測定で読んだ文章を理解できているかどうかの問題が出題されます。

内容が把握できているのか心配な人はこちらも試してみるのが良いかもしれません。

文章なので好みが分かれるかとは思いますが、あくまで1つの参考としてみてください。

読書スピードを上げるには

「本が速く読める」のはメリットが多いと考えています。

速く読めるようになるための方法を軽くまとめてみました。

少し意識して本を読むと、今後大きく変化を感じることができるかもしれません。

読視野を広げる

人は本を読むとき、ある程度の文字数のかたまりで捉えて読んでいます。

その捉える文字数を広げるのが大事かなと考えています。

「本を読むのが速い人」は「本を読むのが遅い人」にくらべ、視点の移動が少ないという話をよく聞きます。

これも捉えている文字数の違いであると思います。

頭の中で音読しない

頭の中で音読しているとやはり限界があります。

「サブボーカリゼーション」と呼ばれるらしいのですが、これをしていると人が実際に話している速度程度でしか進められなくなります。

文字をそのまま頭の中で音読せず追って行く。

かなり難しいだろうなあとは感じるのですが…難しいですね…。

まとめ

「仕事が終わらない理由は、自分の作業にどれだけの時間がかかっているか把握していないから」

どこかで聞いた言葉ですが一理ある気はします。

どれくらいで1冊読み終えることができるかを把握できると逆算が可能になるので、色々と捗りそうです。

また、ビジネス書や参考書などは特に、「速く内容が頭に入ればいいのに」と考えることも多いかなと思います。

読む速度を上げるのはなかなか難しい気もするのですが、速ければ得をすることも多いので一度試してみるのもいいかなと感じています。

ストーリー性のある書籍なんかはゆっくり世界観に浸って読むのも楽しいと感じるので、適材適所というか、なんというか…。

とりあえず、意識しつつまた本を読みます。

良い読書生活を送りましょう。

スポンサーリンク