【体験談】プログラミングを始めるために初心者がIT企業に入るのはやめた方がいい。

スポンサーリンク




甘く、浅はかでした…。就職はしっかり考えて…。

いつも「a composer」(@a_composer_info)をお読みいただきありがとうございます。

banba(@banba929)です。

現在、僕は都内のIT企業にて業務を行っています。

きっかけは1年ほど前、「何かしらプログラミングで作りたい」と思い立ったところからです。

そして「IT企業に入社すれば早くスキル身につけられるのでは?」と安直な考えでIT企業に就職を決めました。

その頃は地方に住んでいたため、周りにIT企業などなく都心に移ることを決めました。

今思うと、我ながらアホかなあと思います。

なんとなくすぐ行動し、就職先を探しました。

朝から夜までバイト、夜行バスで都心へ移動し面接。また夜行バスで地元に戻りバイト…の繰り返しの日々を送っていました。

貯金も大して貯めておらず、行動力でなんとかするしかない状況でした。

就活を始めて2週間も経たず、1社目のIT企業に内定が決まりました。

1社目:入らなくてよかった未経験大歓迎の企業

1社目内定を頂いた企業が求人の時謳っていた内容は

  • 未経験大歓迎
  • 数ヶ月の教育でプロになれる
  • 業務内容は開発メイン
  • 勤務日数は月曜日〜金曜日の5日
  • 勤務時間は10:00〜19:00
  • 月の平均残業時間は20時間ほど

というものでした。

全く疑わず、面接、採用。そして入社日の決定。

順調に転職が進み安堵していた矢先、突然電話がかかって来ました。

内容は「常駐先になる予定の会社の面談が入社日までにあるから、来て欲しい」とのこと。

ええ、まだ入社してもないのにそんなのあるの?と不信感を抱きながらOKの返事をしました。

詳細はメールでと伝えられ、送られて来たメールの内容がまた驚きのものでした。

送られて来た内容は

  • 365日24時間シフト制のサーバ監視業務
  • 土日の休みはなし
  • 週の休日2日は約束する

というものでした。

話が違いすぎると返信をすると、また驚きの返信が来ました。

  • 求人には数ヶ月の講習と記載したが、入れそうな案件があればすぐ入ってもらう
  • ITスキルのない初心者にいきなり開発は無理だ
  • スキルが上がれば開発の仕事に移らせる

というものでした。

いや、開発で募集かけてたから応募したんですけど…?

育てる気なさすぎなんですけど…?

そもそもサーバ監視の仕事をしてたって開発のスキルなんてつくわけないんですけど…?

勤務日数も勤務時間も違いすぎるんですけど…?

そもそもなんでそんな高圧的なんですかね…

心の中がイラつきと不満と不信感でぐるぐるになってしまったので、その時点で入社のお断りの連絡をしました。

地方から出て東京に行けば頼れる人もいないし、自由に動けないのでブラック企業でも逃げられなくなりそうと予想し、逃げました。

今でも入らなくてよかったとホッとしています。

今はIT人材不足と言われており、未経験でも入社してもらおうとする会社はかなり多いと思います。

しかし、ITはかなり知識量もいる仕事です。

誰でも歓迎!くらいのところは派遣できる人の数を増やそうとしているだけというのもかなり多いです。

人を派遣すると、とりあえず1月分のお金が入るので、会社としてはたくさんの人材を派遣したいのですね。

未経験でしたらより慎重になって、企業選定はした方がいいです。

すぐ辞めてしまうと経歴に傷が付くという考えをしている人も多いですし、根性がないと考える人もちらほら。だからといって辞めなければ時間がかなり勿体無いのではないかなとも思います。

メリットが本当にないですよね。

2社目:念願の開発もしているIT企業

現在僕が働いている会社になります。

次は慎重に選ぼうと重視したポイントは

  • なにをしている会社か
  • 設立してからどれくらい経っているか
  • 自社開発メインの会社か

このあたりを見て慎重に選びました。

1社目のやばそうな会社で客先常駐が恐ろしくなってしまい、そういった業務をメインで行っていない会社を選択しました。

結果的にいえば、それなりに講習も受けさせていただき、プログラミングについてのスキルもある程度つきました。

しかし、改めてこの1年を思い返してみると、「IT企業、入らなくてもよかったんじゃね?」とも思います。

理由をいくつか並べてみようと思います。

入らなくてもいいと感じた理由・デメリット

作りたいものが作れるわけではない

まあ、当然っちゃ当然なんですけど、自分勝手にはやっぱり作れないんですよね。

「面白そう作ろー」とか言える空気でもないですし、お客さんに言われたものを作るという構図があるので、それに従わざるをえません。

やりたかった言語で書けるかもわからないですし、作りたいような処理やソフトを作れるかもわかりません。

そもそも、IT業界ではプログラミングを書かない人も沢山います、マジで。

作りたくない処理を、時間をかけ考え、書く。

「思っていたのと違う」と感じてしまう人も多いと思います。

プログラミング以外の時間が多い

先ほどの話に続いてですが、プログラミング以外の時間がかなり多いです。

運良くプログラミングができる環境に入れたとしても、それだけができるわけではありません。

システムの要件定義、プログラムの仕様書、客先への説明資料など、さまざまなドキュメント制作がとにかく多い。

ただパソコンと向かい合って書いていればいいわけではなく、人とも関わらなければいけません。

人と話をして伝える仕事がかなり多いです。

こんなに資料作るんだーと思いながら資料を作成する毎日です。

拘束時間が長い

これが今僕の一番のストレスなんですけどね。

とにかく長くなる、もしくは徹夜になることがあります。

理由としては

  • トラブル
  • スケジュールの遅れ
  • 関連システムの定刻起動

などが主な原因です。

基本的にスケジュールを最初に作成し、それに従い作業を進めます。

スケジュールが遅れていれば、当然のように残業、休日出勤です。

仕方のない遅れもあったり、なかなかに不満、ストレスがたまります。

せっかくプログラミングを覚えても

  • 家に帰ってまでプログラミングしたくない
  • 時間がない

といったところから何かを作ったりしない人が職場にたくさんいます。

就職して1年程度経ちましたが、「労基…仕事してる…?」と疑問を持つような勤務時間で働いたことがあります。24時間拘束されたりね。

「好きなものを好きなように作るのが一番幸せなのかもなあ…」と見ていて思います。

ここまでデメリットばかり並べましたが、メリットももちろんあります。

メリットもいくつか並べようと思います。

入ってよかったと感じた理由・メリット

プログラミングに触れることができる

プログラミングができる環境であれば、嫌という程触れることができます。

基本的にググりながら作業をすることが多く、たくさんの知識を得ることができます。

仕事の時間をプログラミングに充てられるというのはやはりこの業界にいないとできないことです。

さまざまな処理を書くことで、考えたロジックをコードに落とし込むこともどんどんできるようになっていきます。

論理的思考力が鍛えられていくのは一つの魅力だと感じています。

Word、Excel、PowerPointの操作にものすごく慣れる

もう、大抵の操作は覚えてしまうと思います。

関数や資料作成などは間違いなく慣れます。

Excelが使えるようになるととにかく便利です。なんでもできる気がします。

ExcelはIT業界とかじゃなくてもよく使うソフトですしね。

これらのソフトは基本的に客先への資料作成や説明に使うことが多く、毎日何かしら必ず触っています。

Excelは間違いなく開いています。開かないことないです。

……以上です。

僕が感じているメリットは以上です。

書き出してみるとやはり、不満の方が熱い。文章が熱いですね。

まとめ

かなり長く記事を書き進めてしまいました。

2つに分けた方がよかったかな…

  • 未経験入社大歓迎の会社はやばいとこありました
  • 「プログラミングできるようになりたい!」だけで就職するのはちょっと考え直した方がいいかもしれないです
  • まあ入社してみればいいこともありますよ

くらいの記事です。

プログラミングが書けるようになりたいだけなら、労働時間が長くなりがちなIT業界に就職を決める理由もないかなと思います。

今ならプロゲートやドットインストールなど無料から学べる教材がたくさんあります。

最近、コードにふりがなが振られている教本も発売されました。

JavaScriptの方を購入してみましたが、ものすごくわかりやすい。

自分から手を伸ばせばなんでも身につけられる時代になっていると思います。

IT業界については、システムに携わるのが好きな人は本当に好きなんだろうなあとは思います。

めちゃくちゃに熱く仕事をしている人も周りにいますしね。

まあ確かに面白いのですが、「マジでやりてえ、システムに触れてえ。プログラミング好き。」くらいじゃないと辛くなってしまう時はあるかなと思います。

多少面白く感じることがないと心折れちゃいそうになります。

勤務時間は本当に長い人が多い…。

働き方の法案も可決されましたし、改善に期待…です。

スポンサーリンク