ozone8の自動マスタリングを体験してみたところ、物凄かった。感想レビュー

スポンサーリンク




これは購入、待った無し…

いつも「a composer」(@a_composer_info)をお読みいただきありがとうございます。

banba(@banba929)です。

マスタリングのクオリティと効率を上げたいと思い、iZotope Ozone 8の購入を検討しています。

調べてみたところ、トライアルというのがあり、10日間無料で試用ができるというもの。

インストールし使用してみましたが、自動マスタリング機能「Master Assistant」がまじでものすごい。

僕はよくマスタリング作業をサボるために短縮するために「LANDR」という自動マスタリングサービスを利用しています。

「LANDR」は今流行の「AI(人工知能)」による自動的な処理によるマスタリングを行うもので、mp3形式だと月に2曲まで無料でマスタリングが行えます。

「Master Assistant」もAIによる自動的なマスタリング処理なのですが、クオリティがかなり違うように感じました。

上の楽曲がLANDRでマスタリングしたもの、下の楽曲が今回「Master Assistant」でマスタリングしたものになります。

楽曲こそ違いますが、音圧や音のクオリティに差が出ているのがわかるかなと思います。

  • Advanced
  • Standard

買うとすればこの2つのどちらかなあと考えています。

Advancedが上位版ですが、普通にStandardでも楽曲のクオリティは上げられるかなと思います。

Ozone 8は買い切りだし…ほんとに買おうと思います。

Master Assistantレビュー

この機能はStandardでも存在します。

僕がいいなーと見ていた自動マスタリングのツールです。

自動マスタリングツール「Master Assistant」には3種類のモードがあります。

Streaming

音圧を自分で設定できるモードです。

Ozone 8の設定画面より設定をします。

このモードはあまり触りませんでした。

製品版を購入してから触ってみようと思います。

CD

商業用のマスタリングを行うモードです。

  • Low
  • Medium
  • High

の3種類の強度を選択することができます。

使用してみましたが、しっかりと音圧が上がります。

ミックスが未熟でもちゃんと上がってくれるのは感動でした。

Reference

Referenceは「オーディオデータを読み込ませると、その曲を解析し、近づけるようにマスタリングする」機能です。

1曲ではなく数曲のオーディオデータを登録することができます。

EQのバランスや音圧などを解析し、EQ、コンプなどをAIがかけてくれます。

こちらもしっかり読み込ませた音源に近づけてくれ、音圧がしっかり上がりました。

この機能に一番惹かれていたため、トライアルで使用できて嬉しかったです。大満足の仕上がりでした。

「Master Assistant」の感想としては、「本当に楽」が一番抱いた感情です。

ミックスを自分で調整してから、この機能を使うと簡単に音圧が上がります。

前述した楽曲はこちらの自動マスタリングで仕上げました。

ミックスで作った雰囲気が壊れているとも感じず、ただただ音圧が上がります。

今はOzone 8が欲しいなーという感情しかありません。

自分でマスタリングをするのにももちろん使える

楽をする話ばかりしましたが、もちろん自分でマスタリング調整するのにも使えます。

  • イコライザー
  • ダイナミックイコライザー
  • コンプレッサー
  • リミッター
  • エキサイター
  • マキシマイザー

などなど、さまざまなプラグインが使用可能です。

あまり触れてはいないのですが、視覚的にわかりやすくとても使いやすそうな印象を受けました。

こちらも製品版を購入したら色々遊んでみたいと思います。

「Tonal Balance Control」が半端ない

この機能は上位版のAdvancedにしかないものなのですが、視覚的に周波数のバランスを現しています。

感覚ではなく視覚的に音のバランスを調整できるため、かなりプロに近いマスタリングができるそうです。

前述した「Master Assistant」も半端ないのですが、こちらもかなり半端ない。

音作りなどをしてくれるわけではないので、それぞれのトラックはミックス時に作りこむことになるかなと思いますが、音圧を上げる上で周波数のバランスはとても大事。

かなり有益なものになるのは間違いないかなと思います。

まとめ

DTM初心者から中級者の一番の悩みって「音圧の上がらなさ」「音のショボさ」な気がします。

実際、音が大きい方が人はいい曲だと感じやすいそうです。

また、「ボツ曲をミックスし直したら通った」など、ミックス、マスタリングは大きく人の感想に影響をもたらすと思います。

簡単に音圧を上げてくれる&音圧を上げる手助けをしてくれるOzone 8はかなり優秀で、持っていると楽曲のクオリティも大きく変わる気がしました。

また、いいものを買うと言い訳ができなくなるので、自分を追い詰める的な意味でもオススメです…。

僕は自分を追い詰めることにします。言い訳できないぞ、いい曲ができないのは自分のせいだぞ…と。

公式サイトはこちら

お読みいただきありがとうございました。

 

【追記】

購入しました。大満足です。制作頑張ります。

スポンサーリンク