Exciterとは?使い方まとめ【Logic Pro Xプラグイン解説】

スポンサーリンク




ボーカルトラックには必ずかけています。

いつも「a composer」(@a_composer_info)をお読みいただきありがとうございます。

banba(@banba929)です。

今回紹介するのはLogic Pro Xに内蔵されているプラグイン「Exciter」です。

Exciterとは

Exciter は、元の信号に存在しない高周波成分を生成します。これには、オーバードライブやディストーションなどのエフェクトに似た非線形のディストーション処理が採用されています。

ただしこれらのエフェクトとは異なり、Exciter では入力信号をハイパスフィルタに通してから、ハーモニクス(ディストーション)生成システムに送ります。これにより、元の信号に人工的なハーモニクスが追加されます。追加されるハーモニクスの周波数は、ハイパスフィルタのしきい値より少なくとも 1 オクターブ上です。その後、歪ませた信号は元の(ドライ)信号とミックスされます。

Exciter を使うと、録音データに躍動感を与えることができます。高音域が何らかの理由で飛んでしまっているオーディオトラックには特に向いています。また、ギタートラック全般に使用するツールとしても効果的です。

Logic Pro 9 エフェクトマニュアルより引用

banba
こんなプラグインです。

  • オーディオデータの倍音を増長させることができます。
  • ボーカルや楽器などの音を目立たせることができます。

配置場所は以下です。

[Audio FX]→[Specialized]→[Exciter]

Exciterの使い方

それぞれのパラメータの設定

それぞれのパラメータですが、

周波数ディスプレイ

 Exciterの処理の対象となる周波数範囲が表示されます。

Frequencyスライダ

 ハイパスフィルタのカットオフ周波数を設定します。指定した周波数を超えた入力音源に倍音成分が加わります。

Dry Signalボタ

Dry SignalボタンをONにすると、元の信号がエフェクト信号とミックスされます。Dry signalボタンをOFFにすると、エフェクト信号しか聞こえなくなります。

Harmonicsノブ

 エフェクト信号と元の信号の比率をパーセンテージで設定します。Dry Signalボタンの選択をOFFにすると、出力されるエフェクト信号の大きさを調整するノブになります。

Color 1/Color 2ボタン

 Color 1では、ハーモニクス・ディストーション・スペクトラムの密度が小さくなり、Color 2では、ディストーションの密度が大きくなります。

僕は結構Harmonicsを大きく設定します。

倍音成分を足すプラグインですが、ディストーションとかなり似ているプラグインのため、Harmonicsを強くかけると音量も大きくなりますのでミックス時にかけるときは注意してください。

音の変化

それでは実際に音を変化させていきたいと思います。

元々の音源はこちら。Vocalは初音ミクさんです。

自作曲の「なんとか生きている」という曲のサビです。それでは変化させていきます。

[Frequencyスライダ1200Hz]+[Harmonics+50.0%]+[Dry Signal ON]+[Color 1]

ちょっとわかりやすくしようとやりすぎた感はありますが、音量が大きくなったことと声がギラついたことがわかったかなと思います。

[Frequencyスライダ1200Hz]+[Harmonics+50.0%]+[Dry Signal OFF]+[Color 1]

先ほどの音源のDry SignalをOFFにしてみました。

ギラついた部分が大きくなったといいますか、歪んだような声になりました。次にColorの選択を変えてみようと思います。

[Frequencyスライダ1200Hz]+[Harmonics+50.0%]+[Dry Signal OFF]+[Color 2]

先ほどの設定のColorを2に変えてみました。

少しキャラクターが変わったかな?と言う感じです。Color 2の方がディストーションの密度が大きくなるそうなので、曲によって好みのものを選択すると良いかなと思います。

プリセット(Vocal Edge)

Exciterの使い方は以上ですが、Logic Pro XのExciterにはプリセットがいくつか用意されているため、そちらを使ってみるというのもありかと思います。

こちらは「Vocal Edge」というプリセットです。

かなり聴きやすく、普通に使えると感じます。

時間がないときやどういう風にかけるか迷っているときはとりあえずプリセットから探っていくのもいいと思います。

まとめ

以上がExciterの主な使い方になるかなと思います。

ボーカルをしっかり聴いてもらうためになんとか前に出す。そういった手助けをしてくれるプラグインだと感じています。

リバーブやディレイをかけすぎてしまうとかなり音が引っ込んでしまうので気をつけたいところです。

ただ、かけすぎると歪んでしまったり声質がかなり変化してしまうため、とりあえず耳で聴いて調節するようにしています。

Logic Pro X

こちらのカテゴリで随時Logic Pro X内蔵プラグインなどについて解説を行おうと考えておりますので、興味があれば是非覗いてみてください。随時追加していきます。

 


スポンサーリンク