Vocal Transformerとは?使い方まとめ【Logic Pro Xプラグイン解説】

スポンサーリンク




大まかに言うとピッチ変更、フォルマント変更が行えるプラグインです。

いつも「a composer」(@a_composer_info)をお読みいただきありがとうございます。

banba(@banba929)です。

今回紹介するのはLogic Pro Xに内蔵されているプラグイン「Vocal Transformer」です。

Vocal Transformerとは

Vocal Transformer を使えば、ボーカルラインのピッチを変更することから、旋律の範囲を広げたり狭めたりすることはもちろん、音高を 1 つだけにすることや、旋律のピッチを逆にすることさえ可能です。メロディーのピッチをどのように変えても、信号の構成要素(フォルマント)は変わりません。

フォルマントだけをシフトすることができるので、ピッチは変えずにボーカルトラックをミッキーマウスのような声に変えたりすることができます。フォルマントとは、所定の周波数範囲だけ音量が特性的に強調されている部分のことです。これは固定的なもので、ピッチと共に変化することはありません。フォルマントは、その人固有の声質を決める音響要素です。

Vocal Transformer は、強烈な音声変調効果を生み出すのに最適です。モノフォニック信号(モノフォニック音源トラックを含む)について使用すると最高の結果が得られます。ポリフォニックなボイス(合唱を 1 トラックに収めた場合など)など、コードを伴うトラックには使用できません。

Logic Pro 9 エフェクトマニュアルより引用

banba
こんなプラグインです。

  • ピッチとフォルマントを別々に変更することができます。
  • メロディの旋律を広げたり狭くしたりできます。

配置場所は以下です。

[Audio FX]→[Pitch]→[Vocal Transformer]

Pitch Transformerの使い方

それぞれのパラメータの設定

それぞれのパラメータですが、

Pitchノブ

ピッチの変更。数値が+1されるごとに半音上がり、-1ごとに半音下がる。

Robotizeボタン

「Robotize」モードを有効にします。メロディの旋律を広げるためのものですが、ONにするとロボットのような音に変化します。

Pitch Baseスライダ

「Robotize」モードがONの時のみ有効。「Tracking」パラメータ(下記を参照)が基準とするノートの音程を決めます。

Trackingスライダ/ボタン

「Robotize」モードがONの時のみ有効。Trackingスライダを0にするとロボットのような音の音程の動きが少なくなり、上げ下げすると音程の動きが大きくなります。

  • スライダを-100%に設定: すべての音程が逆になります。
  • スライダを0%に設定: ボーカルトラックのすべての音が同じピッチで歌われるという面白い結果が得られます。この値を小さくすると、歌われている旋律が話し声のようになります。
  • スライダを100%に設定: 旋律の範囲が維持されます。値が大きくなると旋律が広がり、値が小さくなると旋律が狭まります。
  • スライダを200%に設定: 音程が倍になります。

Mixスライダ

元の信号とエフェクト信号の比率を決めます。

  • スライダを0%に設定:元の信号のみが出力されます。
  • スライダを50%に設定:元の信号とエフェクト信号が同じ比率で出力されます。
  • スライダを100%に設定:エフェクト信号のみが出力されます。

Formantノブ

フォルマントの変更。ピッチはそのままに声質が変化します。

他にも拡張機能として

  • Glide
  • Grain Size
  • Formants
  • Detune

などがあるのですが、いまいち僕は使用していないため割愛させていただきます。

音の変化

それでは実際に音を変化させていきたいと思います。

元々の音源はこちら。Vocalは初音ミクさんです。

自作曲の「なんとか生きている」という曲のサビです。それでは変化させていきます。

Pitchノブの調整(+7)

左のPitchノブを+7してみたのがこちらの音源です。

ピッチが変化しているのがわかるかなと思います。移調する際やハモリを作る時に使えるかなと思います。

Formantノブの調整(+5)

右のFormantノブを+5してみたのがこちらの音源です。

元々の音源とピッチは変わらずに可愛らしい声に変化したと感じます。

ハモリを作る際なんかはPitchノブとFormantノブを両方変えてみると面白い結果が得られるかもしれません。

RobotizeボタンをONにする

先ほどのFormantノブはそのままにRobotizeボタンをONにしてみます。

Trackingスライダが0のため、音程の動きがない状態です。この状態でTrackingスライダを変化させていくと音程の動きが大きくなっていきます。

MIXスライダの調整(50%)

そのままMIXを50%にしたのがこちらの音源です。

先ほどの音程の動かないロボ声と元の音源が同じ比率で出力されていることがわかるかなと思います。

まとめ

以上がVocal Transformerの主な使い方となるかなと思います。ピッチ変更とフォルマント変更はよく使うのではないかなあと思います。

拡張機能を使用すれば変化させるまでの時間を決めることができたり、さらに細かい設定が可能になります。

Vocalとついているだけにボーカル向けのプラグインではあるのですが、それ以外の楽器にかけても面白い音になるのではないかなと思います。

Logic Pro X

こちらのカテゴリで随時Logic Pro X内蔵プラグインなどについて解説を行おうと考えておりますので、興味があれば是非覗いてみてください。随時追加していきます。



スポンサーリンク