Limiterとは?使い方まとめ【Logic Pro Xプラグイン解説】

スポンサーリンク




間違いなくDTM必須プラグイン。

いつも「a composer」(@a_composer_info)をお読みいただきありがとうございます。

banba(@banba929)です。

今回紹介するのはLogic Pro Xに内蔵されているプラグイン「Limiter」です。

Limiterとは

Limiter の機能は Compressor と似ていますが、1 つ重要な違いがあります。信号がしきい値を超えた場合、Compressor は比率に基づいて信号を低減させますが、Limiter はしきい値を上回っているすべてのピークを低くして効率的に信号をこのレベルに制限します。

Limiter は主にマスタリングのときに使われます。通常、Limiter はマスタリング信号経路の最終処理として適用します。この処理では、信号の全体的な音量を 0 dB に達するまで上げます(ただし 0 dB を超えないようにします)。

Limiter では、ゲインを 0 dB、出力レベルを 0 dB に設定すると、ノーマライズされた信号では効果が現れません。信号がクリップすると、Limiter はクリッピングが発生する前に信号レベルを低減させます。ただし、録音時にクリッピングが発生したオーディオを Limiter で修正することはできません。

Apple「Logic Pro X マニュアル – Limiter」より引用

banba

こんなプラグインです。

  • mixした音源の音の密度をあげることができます。
  • 主にマスタートラックに挿してマスタリングに使います。
  • 原理はコンプレッサーに似ています。

配置場所は以下です。 [Audio FX]→[Dynamics]→[Limiter]

Limiterの使い方

それぞれのパラメータ

パラメータですが、

入力メーター

入力レベルがリアルタイムで表示されます。「Margin」フィールドには、最高の入力レベルが表示されます。「Margin」フィールドをクリックするとリセットされます。

リダクションメーター

制限の量がリアルタイムで表示されます。

出力メーター

リミッター処理後の信号の出力レベルが表示されます。「Margin」フィールドには、最高の出力レベルが表示されます。「Margin」フィールドをクリックするとリセットされます。

Gainノブ

入力信号に加えるゲインの量を設定します。

Releaseノブ

信号がしきい値レベルを下回ってから Limiter が信号の処理を止めるまでの時間を設定します。

Output Levelノブ

信号の出力レベルを設定します。

Lookaheadノブ

Limiter で分析するオーディオ信号の先読み時間(ミリ秒)を調整します。低減量を調整して、音量のピークに達する前に作用させることができます。

Modeポップアップメニュー

Legacy」または「Precision」アルゴリズムを選択します。制限を強くするには「Precision」を使用しますが、歪みが生じる可能性があることに注意してください。

Soft Kneeボタン(Legacyモード)

オンにすると、しきい値を満たした場合のみ信号が制限されます。制限が完全にかかるまでの変化はノンリニアで、弱く緩やかな効果を生むので、強い制限(「Precision」モードの場合)によって生じる歪みを減らすことができます。

True Peak Detectionボタン(「Precision」モード)

オンにすると、信号のサンプル間ピークが検出されます。

音の変化

実際にマスタートラックに使用してみたいと思います。mp3で作成しているため、OUTPUTは今回-1.0dBに設定してみました。

使用曲は自作曲の「なんとか生きている」という曲です。

軽くLimiterをかけてみる(INPUT 3〜7)

INPUTが0 dBを超えていますが、OUTPUT-1.0dBを超えていないことが確認できるかなと思います。

どれだけの量を圧縮しているかがREDUCTIONに表示されています。

思い切りLimiterをかけてみる(INPUT 26〜30)

これだけINPUTを増やしても設定した-1.0dBを超えません。ただ、圧縮している量がかなり多いため、歪んでいるのがわかるかなと思います。

音圧は先ほどより上がっているのがわかるかなと思います。LimiterはCompressorのように音を潰しているため、圧縮しすぎると繊細なニュアンスが消えてしまいます。

mixでせっかく作ったバランスを守るためにもよく聴いて音圧を稼いでいくのが大切だと思います。

まとめ 

以上がLimiterの主な使い方になるかなと思います。

マスタリングをするときには必ず使用するプラグインのため、とりあえず理解しておいて間違いないです。

Compressorの理解ができていればLimiterもすぐ覚えられるでしょうしね。

「人は音が大きい音楽をいい音楽に感じる」という話を昔どこかで聴きました。

確かにそれはその通りで、音が大きいとそれだけでよく聞こえてしまうこともあります。

しかし、ただLimiterをかけまくって音圧をあげても歪んだりバランスが悪くなって音は大きいけど聴きにくい音楽になってしまったり…

マスタリングはかなり難しく、奥の深い工程なので僕も未だ勉強中です。

Logic Pro X

こちらのカテゴリで随時Logic Pro X内蔵プラグインなどについて解説を行おうと考えておりますので、興味があれば是非覗いてみてください。随時追加していきます。



スポンサーリンク