社会人になったけど英語学習を始めました。選んだ教材と勉強を始めた理由等まとめ。

スポンサーリンク




とりあえず興味を持ったからやるしか無いっす。

いつも「a composer」(@a_composer_info)をお読みいただきありがとうございます。

banba(@banba929)です。

8月より気持ちが落ち込んでおり、曲もイラストも作る気になれず。

にしてもただただ時間が経っていくのは勿体無いなあと英語学習を始めました。

英語。日本人のほとんどが一度は教育を受けているにも関わらず身に付けることのできなかった分野第一位では無いかなと思います。

僕もそうでした。というか、そもそも英語の先生が嫌いでまともに勉強をしなかった気がします。重要性も気付けずに。

身に付けることができれば実用的だし、かっこいいしいいことしかないなあとぼんやり考えていました。

といっても「ただ英語が話したい」という理由だとなんだかなあ、と思います。

言語は普段使用している日本語にしてもプログラムにしても、何かを伝えるためのツールでしかありません。

「英語を使用して、何をするか」「どういったプロセスで身につけようと考えているか」を明確に記しておこうと思い、キーボードを叩いています。カタカタ。

なぜ英語を学習しようと思ったのか

僕は今年23歳です。もうすでに学生は卒業しており、普通に社会人生活を送っています。職業はSE。

なぜ社会人になってから勉強を始めることにしたのか理由を挙げておこうと思います。

世の中には英語の情報の方が多い

まずこれですね。職業がSEというのが大きく関係してはいるのですが、よくググります。

プログラムを作るため、コードを書いている時などとにかくググります。ググりながら、書く。

検索の仕方もだいぶと手馴れてきて、求めている情報をすぐ見つけられるようになってきました。

が、たまにググっても見つからない時もあります。

そんな時必死に探していると、先輩から

「めっちゃ探してるねえ、知ってた?インターネットに溢れている情報のうち日本語って5%くらいらしいよ」

と言われました。

まじかあ、ってことは英語が読めればもっとスムーズに情報収集が…?

っていうのが1つ目です。

あとはやはりプログラミング言語などの技術書は英語のものが先に出回るため、英語が読み書きできると早く知識を得る目的でも役に立ちます。

転職に使える

転職時にTOEICのスコアを問う企業はかなり多いかと思います。

話すことが目的のため、TOEIC対策にがっつり取り組む気はあまりないのですが、話せるようになるほど英語に取り組めば、まあ、ある程度の点数が取れる程度にはなるのかなと考えています。

SEという仕事上、やはり英語にはよく触れます。

また、最近だと海外のエンジニアに仕事を依頼することも多いかと思いますので、円滑に進めるためにもある程度の英語力は必須なのではないかなと考えています。

転職する際、英語力があるというのはいいアピールになるかなと考えました。

まあ、次にSEという職を選ばなかったとしてもTOEICのスコアはいいアピールになるかなあと思います。

様々な人と仲良くなりたい

僕はかなり内向的な性格で友達も多くはありません。

どうやって友達を増やすか考えた時にふと思ったのが母数を増やすこと。世界に目を向けるしかない。

日本の人口は約1.3億人ほどらしいですが、なんと英語を話す人口は約17.5億人らしいです。

普通に10倍以上。つまり英語が話せたらそれだけの人と交流を深めることができるので、友達が増える可能性が上がる…、かも、しれません…。

とりあえず今いる場所で頑張れよって感じもするんですが、いい現実逃避って事で。現実逃避って、いいよね。

とりあえず、やりたいことは以上。

必要なスキル

必要なスキルは

  • リーディング
  • ライティング
  • リスニング
  • スピーキング

の4つです。って全部やないかーい。

使用する教材

本当に真面目に英語を勉強した覚えがないので、基礎の基礎から始めます。

購入した教材はこんな感じ。

中学英文法と週間英作文を同時並行→単語を習得して語彙を増やす→高校英文法の順で進めていこうかなと思います。

大人になった今、子供に吸収力で勝てるわけないのでなんとか効率的に身につけていこうと思っています。

暇があれば詳しくなんでこの教材を選んだか記事でも書こうと思います。

まとめ

勉強し始めて1ヶ月も経っていませんが、今のところは楽しく学習できています。

学生時代、本当に真面目に勉強した覚えがなく、英語に対しては本当にほぼ0からのスタートです。

触れなさすぎて苦手意識もないレベルです。

少し前、英会話講師の方と少し話をしましたが、スピードラーニングなどの聞き流し教材で話せるようになるのはかなり難しいそうです。

子供が言語を覚えるのとはプロセスがかなり違うらしく、大人には大人用の教材、そして学習法で身につける必要があるとのことです。

とりあえず11月かのTOEICを受けてみてこれからの進化を共有していければいいかなと考えています。

300点あれば上出来すぎるなあ。どうなんだろう。

スポンサーリンク