英語を勉強し始めて3ヶ月でなんとか会話っぽいことができたので振り返り

スポンサーリンク




お久しぶりです、お久しぶりです。

いつも「a composer」(@a_composer_info)をお読みいただきありがとうございます。

banba(@banba929)です。

実に3ヶ月近くぶりにブログを書いています。色々と忙しくしていました。

意外とアクセスも落ちず…ありがとうございます…

さて、9月の半ばごろより英語学習を開始しました。って記事を出してたんですが、ご存知ですか?

社会人になったけど英語学習を始めました。選んだ教材と勉強を始めた理由等まとめ。

一応未だ続いており、なんとか毎日学習中です。

現在、おおよそ月100〜130時間程度のペースで学習中って感じです。

凄いとよく言われますが現状足りない気が凄いです。

この頃は日本に留学している学生の人たちと仲良くさせていただいていまして、必然的に英語を話す機会も増えました。

留学生の集まるクリスマスパーティーにもお邪魔させていただいたのですが、まあ、皆さんいろんな言語を話せる話せる。

平均したら3カ国後くらい話せるんじゃないかな…

自分が必死に学んでいる言語をある程度マスターした上でさらに専門的分野を学ぶ意欲と勤勉さ、ただただ感心させられました。

仲のいい留学生に「この人は働きながら勉強してる凄い人だよ!」みたいなこと言われましたが間違いなくあなた達の方が勉強していて凄いよ…と恥ずかしくなりました。あはは。

中国から来ていた大学生の女の子がいたのですが、なんと17歳。

中国の高校を飛び級で卒業し日本の大学に留学したそうです。

日本語もそれなりに話せていて、僕に気を遣い英語で話しかけてくれたりするのですが、それもまた流暢で…英語苦手とか嘘だろ…

「あー、俺17歳の時何考えてたっけ」なんて振り返りました。多分なんも考えてなかったですね。薄。

学習意欲を再度刺激されたこともあり、モチベ高く3ヶ月が過ぎました。

そしてなんとかうっすらと意思疎通ができるようになってきたので、どんな感じに勉強をしていったか書き残しておこうと思います。

そもそもの目的

何かに取り組む際、とりあえず目的を持つことがスタートであると思います。

僕の英語を学ぼうと決めた目的は

  • ある程度のコミュニケーションがとれる
  • インターネットでの情報収集
  • 本や映画、音楽などを娯楽として嗜むことができる

です。

まあ平たく言うなら「日本語とほぼ同じことが英語でできる」ですね。

学習を初めて感じましたが、まあ、これは凄く遠い目標でした。

まともに取り組んだことのないやつほど現実味のない目標を掲げたりします。ええ、僕です。

1ヶ月目

情報収集

「同じ種族である以上、人と人に大きな個体差はない。個体差はそれまでに行われた習慣、学習、環境に作られる」

という偏った考え方をしているため(タブラ・ラサですかね)、凄く英語ができる人の学習法を真似すれば凄く英語ができるようになるのでは?と考えました。

なのでとりあえず学習計画を立てるため、先人たちが書き残したブログや記事を読み漁りました。

まず試したのは、一部の記事で書かれていた「とりあえず英語を話せ」というもの。

真に受けていきなりオンライン英会話を試してみました、が地獄でした。

聞き取れずチャットにテキストを送ってもらい、それをGoogle翻訳にかけ、僕からの返信をGoogle翻訳にかけ、たどたどしい英語で返す…

「無理にでも外国人と話し、経験で覚える」のはいい環境ととんでもない根気があればなんとかなるのかもしれませんが僕は普通に心が折れました。

「ああ、すげえ困ってる…どうしよう…これで英語覚えるやつ逆にコミュ障だろ…」って感じでした。

自分に足りないのが英語にまつわる全てだとやっと気づけたため、もっとコツコツ学習している方々の記事を参考にし、英語講師をされてる方のレッスンを受講しました。

受講内容は定期的に通うものではなく、どう勉強するかの指針決めについて意見を伺いました。

納得のいく計画を立て、英語学習がスタート。

使用教材

使用教材を載せていきますが、数がそこそこあるためとても役に立ったorかなり時間をかけたものを載せさせてください。

あとAmazonのリンクを載せておくのでレビューなんか見るとよりどんなものか掴めるのかなと思います。

とりあえず一番に取り組んだのは英文法。

中学レベルから上記のMr. Evine の中学英文法を修了するドリル (Mr. Evine シリーズ) を使用し取り組みました。

結果から言うと3周しました。かなり中学レベルの英文法は身についた感覚があります。

かなりわかりやすく進められるため、オススメです。

ただ、この教材に限ったことではありませんが、おそらく取り組みやすいかどうかは個人差があると思うので書店で中身を確認するのが一番いいかなと思います。

同時並行で瞬間英作文にも取り組みました。

こちらは簡単な(中学1年〜中学3年レベル)の日本語文を出来るだけ早く英訳するというものです。

英語で会話するにはどうも瞬発力が大事なようです。

この瞬間英作文もかなり様々なものが出ているため、用途に合ったものを使うことをお勧めいたします。

1ヶ月目はよく取り組んだのはこれだけです。

割合的には

  • 英文法70時間
  • 瞬間英作文30時間

程度です。

2ヶ月目

使用教材

1ヶ月目でなんとなく中学英文法は身についた気がしたので少し手を伸ばし、高校基礎に取り組みました。

2ヶ月目のメインもやはり文法です。

1ヶ月目に使用したシリーズの高校基礎に取り組みました。

結果から言うとこっちは2周しました。

やはり少し高校になると難しい部分が増え、少しペースが落ちました。

瞬間英作文も並行して行っていたのですが、さらに「音読パッケージ」というものも取り入れました。

この教材を使用するとリスニング、リピーティング、シャドーウィングを繰り返し行い総合的な英語力を上げることができるらしいです。

最初は全く聞き取れないのですが、英文を読み込み、繰り返し発生していくと徐々に耳が慣れてくるのに気づきました。

以上3つをメインに2ヶ月目は使用し、割合的には

  • 英文法70時間
  • 瞬間英作文15時間
  • 音読パッケージ25時間

程度でした。

3ヶ月目

使用教材

高校基礎の英文法は一応一通り理解はしていたのですが定着度を上げるため、少し疑問のある点などは繰り返し学習しました。

全く面白くないことを言って申し訳ないのですがほぼ2ヶ月目と使用教材は一緒です。

取り入れたものは2つだけ増え、「英語耳」というものです。

音読パッケージ、瞬間英作文などで発音することが増え、発音について悩むことが増えてきました。

正しい発音がわからないため、納得して発声ができていなかったのですね。

そこで評判の良かった「英語耳」を取り入れました。

似た音の発音などが練習でき、さらに1セット25分以内のため、1日に1〜2回トレーニングを行いました。

留学生に多少発音が良くなったと褒められたので継続ですね。

あとは12月の初めにTOEICを受験したため、少しTOEIC用の単語を詰め込んだくらいです。

TOEICのためだけの勉強をするのはどうも英語力に結びつかないと英語講師の方にも言われていたので、対策は何もしませんでした。

問題も会場で初めて見ました。問題数あんなに多いのね。普通にボコられました。

一応公式問題集なんかも購入したのですが、結局時間がなく。

時間的には

  • 英文法40時間
  • 瞬間英作文15時間
  • 音読パッケージ25時間
  • 英語耳15時間
  • TOEIC単語帳8時間

程度でした。

現在

使用教材

最後に現在の内容を書き残しておこうと思います。

英文法については英語圏で使われている「Engish Grammar in Use」を注文したのでそれを使い再度取り組もうと考えています。

こちらの何がいいかというと英語で全て記述されているところです。

留学生の友人曰く、「学びたい言語で学びたい言語を考える思考」が大切らしいのでとりあえず挑戦です。

少し前に「キク英文法」という中学から高校レベルの英文法教材も購入したので並行して取り組みます。

「キク英文法」は章ごと内容が簡潔でサクッと取り組めるところが利点です。

瞬間英作文、音読パッケージについては並行して実施。

ただ、最近オンライン英会話を再度始めたため、瞬間英作文については頻度を減らす予定です。

話せるとすごく楽しいね、オンライン英会話…

毎日1〜3時間程度ダラダラと会話をしています。

あとは英語圏のドラマ・映画・本ですね…

リスニングはある程度できるようになってきたのですが、翻訳グセがついているのか意味がパッとわからないところが今の悩みです。

わかった時には進んでる、みたいな…

ちょっとまた対策を考えたいと思います。

本については精読を始めました。

意味を取り違えず内容を理解できるようになってきている気がします。

まとめ

なんとか楽しく取り組めています。上記に挙げたもの以外にも暇があれば購入して読んでみるようにしています。

上記のものが購入し取り組んでいる書籍です。

電子書籍にも30冊程度ありますが、そっちは洋書・漫画などの娯楽目的で購入しているものが多いため割愛します。

3冊ほど「世界一わかりやすい〜」みたいな本があるかと思いますが、予備校講師をされている関先生という方の著書です。マジでこの人の説明はわかりやすい。

この人の講義を聞くためだけにアプリ契約しました。

結構真剣に3ヶ月がたちました、が、まだまだです。ほんとまだまだ先は長い。

YouTubeで最近見ているJunさんという方がいるのですが、

英語がそんなに必要でないなら別の勉強をした方がいい、みたいなことを言っています。

これは確かにそうで、英語学習にはものすごい時間と労力がかかります。

そんなに英語に対して思い入れがない場合、確かに別のことに時間をかけた方がいい、のかもしれません。

まあ、僕はとりあえず頑張ってみたいと思います。

今後もよりいい方法を模索し、なんとか取り組んでいきたいところです。

もっと英語に対する慣れ、理解が深まればより楽しくなると実感しています。

試験のための学習ではないため、TOEICや英検などをいつ受けるかは未定です。

SEという仕事柄調べることやエラーメッセージなどで英語と出会うことが多いので、徐々にですが身についていると実感しています。

ただ本当語彙と慣れが圧倒的に足りない…。

留学生にも言われましたが「英語は言葉、ただのツール」です。

それを使ってしたいことをちゃんと考えていかないとなあって考えています。

プログラムが書けることと少し似ていますね。所詮一つの道具です。

今後はより頑張ります。

うおお、3ヶ月ぶりにブログを書くと4500文字近い超大作になりました。あ、もう年末ですね。お互いに1年お疲れ様でした。来年がいい年になりますようお祈りしています。

スポンサーリンク