AMPをよく理解せずに実装して結局停止した話。不具合等まとめ。

スポンサーリンク




事前にしっかり調べることが大事だと実感しました。

いつも「a composer」(@a_composer_info)をお読みいただきありがとうございます。

banba(@banba929)です。

つい最近、当サイトに対して「AMP(Accelerated Mobile Pages)」というのを実装してみました。

仕組みとしては、ウェブページのHTMLをあらかじめGoogleキャッシュとして持つことで読み込みの時間を大幅に短縮できるというものです。

こう聞くと「すげえ良さそう」以外の感想がないのですが、実装してみたところ色々と不都合が起こったため停止しました。

AMP実装を考えている方、実装中の方の参考になれば幸いです。

AMPが原因で起きた不具合

レイアウトが簡素になった

まず衝撃を受けたのはこれです。

当サイトではwordpressを採用しており、wordpressでは好みのテーマを選択することで管理者の好みのデザインでサイトを作成することができます。

サイト開設時さまざまなテーマを漁り、思案し、今のデザインに決めました。

が、つい先日調べ物をしていた際偶然自分の記事がヒットしたので見てみたところ、

すごくシンプルで簡素な記事に。

AMP実装でレイアウトが変わるということを全く考えていませんでした(冷静になって仕組みを考えると「まあ、そうなるよなあ」なんてしみじみしました。)

多分HTMLと画像程度しか持っていないのでしょう。JavaScriptの起動が抑えられているという話は聞きました。

すごく気に入っていたレイアウトが変わってしまい、残念でした。

Google AdSenseが消えた

レイアウトの変化に伴いGoogle AdSenseも消えてしまいました。

少しではありますがいただいていた広告料がいきなり0に。

広告料目当てにサイトを作ったわけではないですがもともとあったものが消えてしまうのは寂しいものがあります。

Google AdSenseは消えてしまいましたが、Amazonアソシエイツは耐えてました。

まあこっちは直接本文に貼り付けていたため当然ではありますが。

コードの貼り方次第でGoogle AdSenseも表示させることが可能ではあるとは思います。

アクセス解析がおかしくなった

どうもAMP実装されたページはそのままではアクセスがカウントされないそうです。

これも上手いことやればカウントできるそうです。

まあURL変えられちゃってるし、そりゃあそうかって感じです。

こんな感じで色々とおかしくなったため、急遽実装前の状態へ戻すことにしました。

AMP実装を停止し、以前の状態に戻す方法

僕は今回AMP実装をwordpressのプラグインを使用することで行いました。

この場合、プラグインの停止をすることで戻るようです。

ただ、検索エンジンのクロールを待たないといけないのでしばらくはAMP実装がされたまま検索結果に残ります。

僕は趣味でサイトを作っている程度ですので広告収入が減っても大した影響はありませんが、専業の方々は大変だろうなあ…と…

AMP実装ページを削除して、削除したページにリダイレクトを貼り付けて元ページに飛ばす、という方法もあるらしいのですが僕は極力触れたくなかったので自然な回復を待つことにします。

プラグイン停止から元に戻るまでの期間

1/23に停止したのでいつ終わったかまた追記しますね。速く治りますように。

【追記】

2週間程度でほとんど直りました。1記事だけなぜか長いこと耐えてましたが。

まとめ

いやー、驚きました。

テーマのアップデートによるものかと思ったのですが、やけに簡素だったため気づきました。

早めに気づけて良かったと思います。

AMPはとても速く良いものではあるのですが、速さ以外を削ぎ落とした感じがどうも…難しいですね。

しばらくこのままなのが少し不満ではありますが、なんとか我慢します。

スポンサーリンク